1. ホーム
  2. お悩み別無添加ドッグフード考察
  3. ≫肥満の犬におすすめの無添加ドッグフードは?

肥満の犬におすすめの無添加ドッグフードは?

肥満の犬におすすめの無添加ドッグフード肥満は単に見た目の問題だけではなく、糖尿病、関節炎、心臓や肺の疾患といった様々な病気を引き起こします。これは犬も人間も一緒ですね。

でも、何と飼い犬の約40%が肥満の状態にあると言われています。食べ過ぎ、運動不足、体質などがその原因ですが、もともと犬は元気良く走り回ることに適した体なだけに、運動でダイエットするのは人間よりもずっと大変。また、体重オーバーのままで運動をすると、関節や心臓に負担がかかり、痩せる前に体を壊すリスクもあります。

やっぱり、肥満解消に向けて最も大切なのは正しい食事管理なんです。「飼い犬の肥満の責任は100%飼い主にある」という厳しい言葉もありますが、確かにワンちゃんの食事は基本、私達飼い主が与えるものが全て。しっかり管理してあげたいものです。

肥満解消に向けたドッグフードの与え方

食事量の見直し

いっぱいたべたいけど…適正なドッグフードの量は銘柄によって違います。通常、総合栄養食のパッケージ表示には1日当たりの給餌量の目安が書かれています。

まずは今現在与えているフードの量が、愛犬の体重やライフステージに合っているかをもう一度チェックしてみて、もし与え過ぎているなら適正な量に戻して下さい。

また、既に肥満気味ならメーカーが提示している給餌量の目安よりちょっと少なめに調整する、重度の肥満なら、かかりつけの獣医さんの処方の元で強力なダイエットドッグフードに切り替えるなどの対策も必要になります。

ただし人間と同じように、犬の場合も急激なダイエットは体に大きな負担になります。栄養失調等で体を壊す恐れもあるので、数ヶ月かけて目標体重を目指すよう、ワンちゃんと一緒に辛抱強く取り組むことが大切ですよ。

もう1つ、肥満の原因として多いのはおやつの与え過ぎです。本来、犬におやつは必要ないもの。それに、与えないのが可哀想なことではなく、与え過ぎて病気で苦しむ方が可哀想なことです。この点については犬におやつは必要なの?に詳しく書いたので参照下さい。

ドッグフードの見直し

筋肉を維持しながら脂肪を減らして健康的に痩せるために必要なドッグフードの条件は…

  • 良質な動物性たんぱく質
  • 低脂肪

の2つ。当サイトでご提案している無添加ドッグフードの中で最もおすすめなのはアランズ ナチュラルドッグフードですね。ラム肉で良質な動物性たんぱく質をしっかり摂取できます。また、ラム肉は低コレステロールですし、脂肪燃焼効果があると言われるカルニチンを豊富に含んでいます。

更にアランズ ナチュラルドッグフードの粗脂肪は12.5%と控えめ(※カナガンは17.0%、ファインペッツは16.0%、オリジンアダルトは18.0%)。肥満気味のワンちゃんにぴったりの無添加ドッグフードをお求めなら、試してみる価値はあると思います。

ナチュラルドッグフードの本音レビュー