1. ホーム
  2. 安全ドッグフードの基礎知識
  3. ≫プレミアムドッグフードおすすめランキング

プレミアムドッグフードおすすめランキング

プレミアムドッグフードおすすめランキングおすすめのプレミアムドッグフードをご案内する前に「プレミアムフードとはどのようなものか?」について少し解説しておきます。と言うのも、この言葉にははっきりとした基準があるわけではなく、実際、高価格帯なら安心安全という単純なものでもないからです。

この点についてよくご存知なら、早速私がおすすめするプレミアムドッグフードランキングへお進み下さいませ。でもやっぱり、ちゃんと知っておきたいという方はこのまま読み進めて下さいね。

レギュラーフードとプレミアムフード比較

ドッグフードは大きくレギュラーフード(エコノミーフード・スタンダードフードとも言います)とプレミアムフードに分けられます。

まずはざっくりと、レギュラーフード=1㎏当たり数百円で品質より価格重視のドッグフードプレミアムフード=1㎏当たり1,000円以上で品質重視のドッグフードというイメージを持っていただくと分かりやすいと思います。その上でもう少し詳しく見ていきましょう。

ホームセンターなどで安価で売られているレギュラーフードの原材料表示を見ると、最初に小麦やトウモロコシなどの穀物が記載されていることが多いはずです。

おにくがすきでも、犬はもともと肉食性が強い動物。ワンちゃんに最適な栄養バランスを考えたら、本当は原材料表示の最初にはチキンやラムなどの動物性たんぱく源が来るべきなんです。

ところが、お肉を使うと原材料費が高くなってしまいます。そこで、レギュラーフードのメーカーは本来犬が消化を苦手にしている穀物でカサ増してコストを抑えているんです。

また、同じ理由から動物性たんぱく源に人が食べられないミールや副産物を使っているケースもあります(※この点については安全なドッグフードの選び方に詳しく書いたので参照下さいませ)。

更には合成香料、合成着色料、合成保存料などの合成添加物(人工添加物)を多く使って、ワンちゃんが好む臭いを付けたり、賞味期限を長くしたりしています。

結局、人間向けには使えない劣悪&安価な原材料と合成添加物の力でコストを低く抑える、これがレギュラーフードの安さの背景なんですね。

一方のプレミアムドッグフードの動物性たんぱく源は、基本的にミールや副産物といった由来の分からないものではなく、「乾燥チキン」のように由来のはっきりした肉を使っていることが多く、「チキン生肉」のように人も食べられる生肉を使ったものもあります。また、合成添加物不使用にこだわったものもあります。

これらを比較表にまとめてみると次の通り。

レギュラー プレミアム
1kg価格 1,000円以下(数百円) 1,000円以上
原材料 ミールや副産物が使われていることが多い。穀物が主原料のフードが多い。 ミールや副産物を使わず、由来が分かる肉を使用しているフードが多い。
合成添加物 合成添加物を大量に使用しているフードが多い。 合成添加物は少なめ。無添加にこだわったフードもある。

プレミアムフードにもピンキリある!

ただ、気を付けなければいけないのは、プレミアムドッグフードと言われる中にもピンキリあるということです。

本当は「チキン」「ラム肉」といった由来の分かるお肉を使うのが理想ですが、「家禽ミート」のように、いまいち由来のはっきりしない肉を使ったプレミアムフードもあります。また、レギュラーフードと同じように、原材料表示の最初に穀物が来る商品もあります。

添加物についても同じです。プレミアムフードの中にも、酸化防止剤としてBHA、BHT、エトキシキンのように毒性が指摘される合成添加物を使用した商品もあるんです。理想は無添加(合成添加物不使用)のドッグフードですよね。

まとめこのようにレギュラーフードは安かろう悪かろうの世界なのでオススメできません。かと言ってプレミアムフードなら何でも良いかと言えば、そんなこともないのがドッグフード業界の現状。やっぱり私達自身の目で安心安全なドッグフードを見極める必要があるのです。

プレミアムフードランキング