安心安全なドッグフードのススメ

我が家の愛犬うちの愛犬は白いチワワとブラックタンのチワワ。元気に長生きしてほしいと願っていますが、やっぱり気になるのは毎日食べさせるドッグフードのことです。というのも、市場には質の悪い商品がたくさん流通しているから。

  • どんな動物に由来するのか分からないミール・副産物・動物性脂肪を含む
  • ヒューマングレード(人が食べられる食品等級)ではない粗悪な食材を含む
  • 合成着色料・合成香料・合成甘味料等の合成添加物(人工添加物)を含む
  • 発癌性の疑いがあるBHA・BHT・エトキシキン等の合成酸化防止剤を含む

こんな風に「毎日与え続けて大丈夫?」と心配になるドッグフードが、ペットショップ・スーパー・ドラッグストアなどで普通に売られているんです。主原料がお肉ではなく穀物(小麦やトウモロコシ等)という、肉食性の犬に必要な栄養バランスとかけ離れた商品まで数えたらキリがありません。

言うまでもなく、ワンちゃんは自分で食事を選べません。私達飼い主が正しい知識を持ち、安心安全で美味しく食べられるドッグフードを用意してあげないといけませんよね。

安心安全なドッグフードの選び方

犬の安心安全ゴハン犬や猫など、ペットの食の安全を確保する法律は一昔前に比べれば、かなり整備されました(参考:ペットフード安全法)。とはいえ、原材料や表示の規制、違反事業者への罰則など、まだまだ甘い面があり、総合栄養食として最低限の栄養基準を満たしただけの低品質な商品も多いのが日本の現状。

また、何となく「国産なら安心」「値段が高ければ安全」といった漠然としたイメージがあるかもしれませんが、実際はそう単純ではありません。そのため当サイトではドッグフードのパッケージに記載された原材料・成分表示やメーカーの公式サイトを私達自身の目でチェックし、次の3つの基準を全て満たす総合栄養食を選ぶことを推奨しています。

1.ヒューマングレード

ひゅーまん?私達人間も食べられる食品等級、いわゆるヒューマングレードの食材で作られたドッグフードは全体のわずか3%しかないという話もあります。

特に原材料表示に「〇〇ミール、〇〇副産物、動物性油脂」の記載があったら要注意。いずれも、どんな動物のどの部位から作られたのか、いまいち分かりません。

例えばチキンミールは「基本的に」鶏の内臓・頭・足・羽を除いた骨付き、もしくは骨なしの肉と皮を加熱処理し粉末状にしたものです。ミートミールにいたってはAAFCO(米国飼料検査官協会)の定義にも「廃棄物処理された哺乳類の繊維」との表現があるように、何の動物由来かさえ怪しかったりします。

中には人が食べられるレベルの食材から作られたミールもありますが、大半を占めるのは人間の食用には適さない素材から精製されたものと考えていいでしょう。

更に先程「基本的に」と書いたのは、中には「副産物」を含むミールもあるため。そもそもペットフード製造工場にも茶色い粉の状態で持ち込まれるのがミールであり、何が入っているか、はっきりしないものも多いのです。

副産物は完全に人が食べられない廃棄物です。

鶏副産物は食肉加工後の捨てる部位(骨、くちばし、内臓、羽毛、血液、腸の中に残った糞尿等も含む)のこと。畜産副産物にはDead(死んだ動物)Dying(死にかけの動物)Diseased(病気の動物)Disabled(障害のある動物)といういわゆる4Dミートが入っている可能性も…。

また、動物性油脂も何の動物の油脂なのかよく分かりません。由来が分かるなら鶏脂・鶏レバー油・サーモンオイル・ラム精製油のように表記するのが普通で、動物性と表現するのは何かワケアリと考えられるのです。

こんな裏事情を知れば知るほど、ミール、副産物、動物性油脂を含むドッグフードでは安心できません…。大切な家族の一員の毎日の食事だけに、やはりヒューマングレードを基準に選んであげたいものです。

2.犬に適した栄養バランス

おにくがすき原材料表示は含まれる割合の多い順に記載するのがルールですが、安価なレギュラーフードの多くは小麦・トウモロコシ・大豆などの穀物が上位に並んでいます。

でも、そもそも犬は雑食性の私達人間とは違い、肉食性が極めて強い動物。本来は動物性タンパク質=お肉をたっぷり摂る必要があります。

犬に適した栄養バランスを考えたら、穀物ではなくお肉、それもミールなどではなく、チキン(鶏肉)・ラム肉(子羊肉)・鹿肉のように由来のはっきりしたお肉がメインのドッグフードを選んであげるべきなんです。

また、犬の唾液には炭水化物やでんぷんを分解するのに必要な消化酵素のアミラーゼがほとんど含まれていません(※アミラーゼを持つのは草食動物や雑食動物)。そのため、穀物は消化吸収しにくく身体の負担になりやすいのです。加えて、小麦やトウモロコシはアレルゲン(アレルギー反応の原因になる物質)になりやすい食材です。

犬の穀物摂取の必要性については様々な議論がありますが、本来の食性に配慮して、穀物を一切使用していないグレインフリーのドッグフードも人気になっていますね。

穀物メインの商品が多いのは、お肉メインで作るよりも遥かに低コストでかさ増しできるため。でも価格は多少高くても、由来の明快なお肉が上位を占める=良質な動物性タンパク質を豊富に含む商品こそ、犬にとって最適な栄養バランスのドッグフードなんです。

3.合成添加物不使用

ごーせーてんかぶつはやめて粗悪な素材で作られたフードや穀物メインのフードが美味しいはずありません。そこで合成調味料・合成香料などの合成添加物(人工添加物)の力で、ワンちゃんの食いつきが良くなるよう調整するわけです。

でも、ヒューマングレードの食材で作られ良質なお肉を豊富に含む商品なら、合成添加物で食欲をあおる必要はありません。

見た目を良くするため、合成着色料(赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号、青色2号など)を使って鮮やかに色付けされたドライフードもあります。これは犬というより私達飼い主向けの対策。ドッグフードがカラフルである必要もありません。

また、メーカーとしてはコストを低く抑えられるため、健康への悪影響が指摘されているエトキシキン、BHA、BHTなどの合成酸化防止剤を使用しているドッグフードもあります。

実際、プレミアムドッグフードに分類される有名ブランドでも、これらの合成酸化防止剤を含む商品があり、愛犬家の間で問題視されています。公式サイトには「許容量の範囲内なので健康に影響ない」とありますが、微量とは言え、あの小さな体で毎日摂り続けて本当に大丈夫か心配…。

安心と安全を最優先で考えるなら、合成添加物を使っていない無添加ドッグフードの選択を強くおすすめします。

まとめ値段が安いのは魅力の1つですが、それは安全性あってのこと。とにかく安さ最優先で作られた粗悪なドッグフードが数多く市販されています。また、プレミアムと言われる高い価格帯なら単純に安心とは言えない実態もあるので注意して下さいね。

やっぱりワンちゃんの健全な食を考えると、ここで挙げた3つの基準のチェックは外せません。この基準を意識しながら商品を比較してみると、品質の良い悪いを私達自身で判別できるようになりますよ。もちろん、うちの子達に与えているカナガンをはじめ、当サイトで私が紹介しているのも3つ全てを満たす安全なドッグフードなのでご安心を(^_^)