1. ホーム
  2. 無添加ドッグフードレビュー
  3. ≫オリジンの口コミ評判と評価は本当?本音レビュー!

オリジンの口コミ評判と評価は本当?本音レビュー!

オリジンの評判と評価は本当?本音レビューカナダ産の高級ドッグフード「オリジン」。最も健康的なペットフードに与えられる国際的な賞「ペットフード・オブ・ザ・イヤー」3年連続受賞をはじめ、数々の賞受賞歴を誇る世界的に高評価なドッグフードですね。

ネットの口コミ評判を見ても「体調改善」や「食いつきの良さ」を挙げる声が多数ですが、本当に安心安全なドッグフードなのでしょうか?うちの愛犬に実際に与えてみた様子も合わせて本音でレビューします。

オリジンの主な特徴

まずはオリジンアダルトの公式サイトの情報から主な特徴をまとめてみると…

  • 80%という驚きの肉含有量(放し飼い鶏肉、七面鳥肉、天然魚など)
  • 合成添加物不使用
  • グレインフリー(穀物不使用)
  • 通常ドッグフードの半分以下の低炭水化物(犬の自然な食事に近い)
  • 全犬種対応

上に挙げた他にも、地元カナダ産の肉や野菜を毎日工場に輸送して加工するなど、とにかく品質にこだわった贅沢なドッグフードという印象ですね。

オリジンの品質評価

次に、オリジンアダルトの原材料表示と成分表示をチェックして、実際の品質を確かめてみます。

●原材料
新鮮骨なし鶏肉、乾燥鶏肉、新鮮鶏肉レバー、新鮮丸ごとニシン、新鮮骨なし七面鳥肉、乾燥七面鳥肉、新鮮七面鳥レバー、新鮮全卵、新鮮骨なしウォールアイ、新鮮丸ごとサーモン、新鮮鶏ハツ、鶏軟骨、乾燥ニシン、乾燥サーモン、鶏レバー油、赤レンズ豆、グリンピース、緑レンズ豆、日干しアルファルファ、ヤムイモ、えんどう豆繊維、ひよこ豆、カボチャ、バターナッツスクワッシュ、ホウレン草、ニンジン、レッドデリシャスアップル、バートレット梨、クランベリー、ブルーベリー、昆布、甘草、アンジェリカルート、コロハ、マリーゴールドフラワー、スイートフェンネル、ペパーミントリーフ、カモミール、タンポポ、サマーセイボリー、ローズマリー、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ナイアシン、リボフラビン、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、亜鉛、鉄、マンガン、銅、セレン、発酵乾燥腸球菌フェシウム

●成分
粗タンパク質38%、粗脂肪18%、粗灰分8%、粗繊維5%、水分10%

では、これを見た感想をまとめてみます。

1.お肉の種類の多さがスゴイ!

まず、ワンちゃんに最も必要な動物性たんぱく源の種類の豊富さに驚きます。高品質と言われるドッグフードでも、チキンならチキンだけ、ラムならラムだけのように1種類~2種類の動物と1~2種類の部位で作られている商品がほとんど。

でも、オリジンアダルトには数種の鶏、数種の魚、更にそれらの様々な部位が惜しみなく使われています。当然、どんな動物のどんな部位が含まれているか分からない粉末状の「ミール」も一切使われていません。お肉の量だけではなく、質もともなっている点は高く評価できますね。

2.グレインフリー

犬は肉食性が強いため、小麦・とうもろこしなどの穀物の消化が苦手なことは、当サイトでも繰り返し触れています。その点、オリジンには穀物が一切含まれていません。いわゆるグレインフリーですね。

一般的なドッグフードの半分以下の低炭水化物という点と合わせて考えると、消化に優れたフードであると想像できます。

3.合成添加物について

公式ホームページにもあったように、BHA、BHT、エトキシキンなどの合成保存料、合成着色料、合成香料といった合成添加物も一切見当たりません。天然のビタミンEとローズマリーが保存料の役割をしているようですね。安全性の高い無添加ドッグフードだと思います。

まとめ前評判の高さから、ある程度期待していたものの、期待以上に高品質というのが率直な感想。私も数多くのドッグフードを見てきましたが、これだけ贅沢な原材料で作られた商品を他に知りません。あと気になるのは実際に与えてみてどうなのか、お値段はどうなのかですね。順に見ていきます。

↓オリジン公式サイトを見る↓

オリジンを実際に与えてみた評価

では、オリジンアダルトをうちの愛犬に与えてみて感じた本音をレビューします。

まず、さすがは良質なお肉がたっぷり使われているだけあり、食いつきは文句なく良いです。上の子も下の子も食欲旺盛なので、この点はあまり心配していなかったのですが、口コミで見かけて気になっていたのが粒の大きさです。

うちがメインで与えている「カナガンドッグフード」や「アランズ ナチュラルドッグフード」に比べてかなり大粒になっていますね。

オリジンアダルトの粒の大きさ

特に下の子は1.9kgと体が小さい上に早食いなため、喉につっかえないか心配していたのですが…結果的には問題ありませんでした。

もっと極小なワンちゃんの場合はちょっと分かりませんが、「全犬種対応」となっているので、少し湿らすなどの工夫をすれば大丈夫な気がします(※この点は自信がないので、獣医さんなどに確認してみると良いかもしれません…)。

もう1つ気になったのは給餌量がかなり少なくなること。うちの下の子の場合、カナガンでは1日42gが理想体重をキープできる量でした。でも、オリジンアダルトで推奨されている1日当たりの給餌量は、体重2kgのワンちゃんで活発な子40g・普通の子30gです。

体重の増減を考えると、うちの子は中間の1日35gがベストなんですが、とにかく見た目の量が少ないし(一粒が大きいので粒数が少ない…)、実際あっという間に食べ終わってしまうので、私達人間の感覚だとちょっと気の毒…。満足感はどうなのか、ワンちゃんの気持ちを聞いてみたい感じです(^_^;)

また、上の白い子の場合、オリジンを与えてから涙の量がかなり増えたのも気になりました。原因ははっきり分かりませんが、高たんぱくが上の子には合わなかったのかもしれませんね(粗たんぱく質はオリジン38%、カナガン33%、アランズ20%)。

オリジンの価格について

オリジンの価格評価プレミアムフードの価格は一般的には1kg1,000円~2,000円が目安ですが、オリジンアダルト正規品は2.27kg税込6,156円なので1kg2,711円。カナガンの1kg1,980円より更に700円も高い設定です。

ただ、うちの場合は1日の給餌量がカナガンの83%に減ったので、実質700円×83%=581円で1kg当たり500円~600円高いと考えるのが妥当かも。それでもやっぱり贅沢ですけどね…(^_^;)

品質は本当に良いものだと思いますが、オリジンを毎日の食事にする時に特にネックになりそうなのは、この価格だと思います。やっぱり家計を圧迫するようでは、続けることはできないですからね。

以上の検証を踏まえて、私のオリジン評価をまとめると…

まとめヒューマングレード、グレインフリー、低炭水化物、無添加などにこだわった品質は素晴らしく、実際の食いつきも文句なしで、ワンちゃんにとって最高水準の総合栄養食だと思います。あとはやはり、お財布との相談になってくるのではないでしょうか。

そんな点まで考え合わせると、私的にはカナガンやアランズ ナチュラルドッグフードの方がコストパフォーマンスが良いように感じます。

また、うちではお値段の問題に加えて、粒の大きさや涙やけの心配もあり、3ヶ月ほど試した後、カナガンドッグフードアランズのローテーションに戻した経過があります。

↓オリジン公式サイトを見る↓