1. ホーム
  2. 無添加ドッグフードレビュー
  3. ≫アランズ ナチュラルドッグフードの評判と評価は本当?本音レビュー!

アランズ ナチュラルドッグフードの評判と評価は本当?本音レビュー!

アランズ ナチュラルドッグフード・ラムの評判と評価

アランズ ナチュラルドッグフード・ラムはペット先進国イギリスで作られたドライフードの総合栄養食。口コミを調査すると良い評判が多い中、ステマだ!という声もあるため、不安に感じるかもしれません。本当のところはどうなんでしょうか?

この記事ではアランズ ナチュラルドッグフード・ラムを実際にうちの愛犬に与えた感想を本音でレビューします。特徴をつかみやすいよう、他のおすすめドッグフードと比較しながら評価しますね。

アランズ ナチュラルドッグフードの特徴

最初にアランズ公式サイトから読み取れる主な特徴をまとめておきますね。

  • コンセプトは「野生の犬が自然の中で食べていた食事を再現する」
  • わずか9種類の厳選素材で作られている
  • 人も食べられるレベルの原材料で作られている(ヒューマングレード)
  • 人工添加物不使用(無添加)
  • 穀物不使用(グレインフリー)←2020年穀物不使用にリニューアル
  • グラスフェッドラム肉がたっぷり使われている(含有率40%)
  • 全犬種・生後7ヶ月以上が対象

一般的なプレミアムドッグフードと比較して、特に目立った特徴はわずか9種類の素材で作られている点とラム肉ベースという点ですね。もう少し詳しく見ていきます。

アランズ ナチュラルドッグフードの品質を評価

アランズ ナチュラルドッグフード・ラムの原材料と成分表示は次の通り。

●アランズの原材料
ラム40%(生ラム肉25%、乾燥ラム肉10%、ラムオイル4%、ラムグレイビー1%)、サツマイモ、レンズ豆、そら豆、ひよこ豆、ベジタブル・ハーブミックス、亜麻仁、エンドウ豆繊維、ビール酵母

●アランズの成分
粗タンパク質:22.0%、脂質13.0%、粗繊維6.5%、粗灰分7.5%、水分8.0%、エネルギー100gあたり約342kcal

まず、たった9種類の素材だけで作られていることに驚き。他のおすすめ無添加ドッグフードの原材料はモグワン、カナガン、ファインペッツとも20種類以上ですから、アランズがいかに数少ない厳選素材で作られているか分かると思います。

私の知る限り、これほどシンプルに作られたドッグフードは他にありません。

こんなに少ない原材料で高品質なフードを作るのは技術的にもコスト的にも難しいはずですが、これが自然給餌(ナチュラルフィーディング)理論の元で研究を積み重ねてきた成果なんでしょうか。

酸化防止剤BHAを使用している有名ドッグフードが愛犬家の間で問題視されていますが、アランズには酸化防止剤、合成着色料、合成香料の類は一切含まれていません。ハーブミックスが酸化防止の役割をしているようです。

犬にとって非常に大切な動物性タンパク質源のお肉には、ラム肉がたっぷり使われています。含有量は40%。

ラム肉は低脂肪で、脂肪を燃やすカルニチン、アレルギーを抑制する不飽和脂肪酸の他、必須アミノ酸やビタミンを豊富に含み、美容&健康意識の高い女性達にも注目されている食材ですね。

同時にサツマイモ、豆類、ベジタブル・ハーブミックスなど、植物からのビタミンやミネラルもしっかり摂れるバランスになっています。

また、ビール酵母はその名の通りビール作りに欠かせない酵母ですが、実は必須アミノ酸、ビタミンB群、ミネラルを含む「天然のサプリメント」。加えて酵母菌の発酵臭がワンちゃんの食欲を刺激する効果も期待できますよ。

アレルギー・肥満・涙やけの対策にも

犬は小麦・とうもろこしなどの穀物の消化が苦手です。なので、これらはアレルギーの原因になりやすいのですが、安価なドッグフードの多くに、かさ増し目的で使われているのが実情です。

アランズはもともと小麦・トウモロコシ不使用でしたが、2020年のリニューアルで、以前使われていた玄米・全粒大麦などの穀物も除かれ、今主流のグレインフリーになりました。アレルギーリスクはより低減されましたね。

お肉もアレルギーになりにくいラムなので、特にチキンアレルギーに悩んでいる、でも動物性タンパク質はしっかり摂らせたいというニーズにぴったりだと思います。

ただし、アレルギーになりにくいとは言え、中にはラムアレルギーの犬もいます。その場合は当然アランズも合わないのでご注意下さい。万能なお肉は存在しないということですね。

また、解説したようにラム肉は低脂肪なお肉です。脂質を比較するとアランズ13%、モグワン12%、カナガン17%、ファインペッツ16%で、おすすめ無添加ドッグフードの中でもモグワンと並んで低くなっています。

肥満気味のワンちゃんやシニア犬には、カナガンやファインペッツより、アランズかモグワンの方が合っていると思います。

更に低たんぱくなのもアランズの特徴。粗タンパク質はモグワン30%、カナガン33%、ファインペッツ27.1%に対し、アランズは20%とかなり低く抑えられています。

涙やけはアレルギー以外にも、高タンパクな食事が原因になるケースもあるため、モグワンやカナガンで涙やけが改善しないワンちゃんには試してみる価値があると思います。

ここまで見てきたようにアランズは、穀物が主原料だったり、由来の分からない動物のミールが使われていたり、人工添加物や酸化防止剤を含んでいたりする世の中の多くのドッグフードに比べて高品質なのは間違いありません。

あとは実際に愛犬に食べさせてみて、どうなのかですね。ここからは口コミの評判も交えながら、私の率直な感想をレビューします。

アランズを実際に与えてみた評価

アランズ ナチュラルドッグフードをあげてみた!現在、うちではモグワンをメイン(その前はカナガンをメイン)に、アランズはフードローテーションの1つとして、たま~に3ヶ月単位で組み込むようにしています。

ラムの臭いがキツいという口コミもありますが、ハーブミックスやビール酵母の効果か、私にはモグワンやカナガンより肉臭さは控えめに感じます。そもそも合成香料が使われていないので、これが自然素材の香りなんですけどね。

アランズの食いつきはどうなの?

初めての時はラム肉ベースにどんな反応をするか不安もあったものの、基本的に好き嫌いがないうちの子達には全く関係なかった模様。

食いつきはとても良いです。特に下の黒い子は1.9kgのチビなのに早食いで心配になるのですが、モグワンやカナガンとほぼ同じ大きさ・形状の小粒サイズなのでパクパク食べられます。

ただ、上の白い子の場合はモグワンやカナガンの方が、もっとテンションが高いように感じるんですよね。チキンベースの方が好みなのかもしれません。

たまに食いつきが悪いという口コミも見かけるように、ワンちゃんによって好みが分かれる可能性はあります。こればかりは実際食べさせてみないと分からないことなんですよね。

アランズを与えてからの健康状態は?

そもそも上の子はそれまでに与えていた某有名ドッグフードからカナガンに切り替えて、涙やけと毛づやが見違えるほど改善した経過があります。緩いウンチもなくなりました。

涙やけの改善

なので、アランズを与えてから何かが変わったというよりも、カナガンで改善した良い健康状態をキープできているという感じです。

ただ、品質評価で解説したようにカナガンより低タンパク・低脂質なので、カナガンで涙やけが改善しない子や肥満が解消しない子にはアランズの方が合う可能性はありますね。

アランズナチュラルドッグフードの価格を評価

まず、アランズの1kgあたり1,980円は、スーパーやペットフードで見かける多くのドッグフードに比べて高いと感じるかもしれません。実際「アランズは高い」という口コミも見かけます。

私はこれだけの品質を考えるとコスパに充分満足なんですが、どう感じるかは結局、飼い主さんそれぞれの価値感に行き着いてしまう気がします。

ただ、アランズ ナチュラルドッグフードには「定期コース割引」があり、毎日の消費量をきちんと計算して配送個数と配送周期を設定すれば、最大20%割引(1kgあたり1,584円)になります。

ちなみにAmazonでは税抜4,600円、1kgあたり2,300円で販売されているので、ご購入はアランズ公式サイトからが断然お得ですよ。

定期コースには最低3回以上継続という条件はあるものの、配送個数は1個から(ただし税抜10,000円未満だと送料が640円かかるため3個以上がおすすめ)、配送周期も最長13週間隔まで選べます。

また、次回の配送の前に在庫がなくなりそうな場合も、逆にまだ在庫が余っている場合もマイページで簡単にお届け日を変更できるので、負担にならないよう上手に調整して下さいね。

やっぱり定期コースがお得でオススメです。割引率をまとめると以下の通り。

購入額 7千円未満 7千円以上 2万円以上
個数 1個 2~5個 6個以上
割引率 10% 15% 20%
1袋当たり 3,564円 3,366円 3,168円
1kg当たり 1,782円 1,683円 1,584円

また、一度定期コースに申し込むと変更や解約が面倒なのでは?と不安になる方もいると思います。

ご心配なく!2回目以降の個数・周期・配送日の変更も、定期コースの解約もマイページで簡単にできますよ。

アランズの口コミ評判と評価まとめ

まとめネットには、なぜかアランズナチュラルドッグフードは「怪しい」だとか「ステマだ」とかのネガティブな声もあるんですが、確かに実際に試さずに絶賛している情報サイトも多いため、そう見えてしまうのかもしれません。

でも愛犬に与えて健康状態を観察している私としては、全然思い当たるところがないんですよね。むしろ動物病院でよく見かける某有名ドライフードのような不明瞭な原材料も一切なく、よほど安心安全だと思ってます(^_^;)

ただ、デメリットを挙げると、うちの上の子のようにラム肉よりチキンの方を好む犬もいる点ですね。また活発で育ち盛りのワンちゃんには、よりお肉をたっぷり含むモグワンやカナガンの方が向いていると思います。

私がモグワンカナガンをメインに選んだ理由はそこにあります。

でも、チキンアレルギーでお悩みのワンちゃんには迷わずアランズですね。また、ラムは低脂肪な上に、脂肪燃焼効果が期待できる「カルニチン」が豊富といったメリットもあるので、肥満でお悩みの子やシニア犬にも試してみる価値がありそうです。

あとは粗たんぱく質が低いので、モグワンやカナガンを食べさせて万が一涙が多く出るようになった場合には、アランズナチュラルドッグフードに切り替えてみるのも1つかもしれません。

↓アランズ公式サイトを見る↓