1. ホーム
  2. 有名ドッグフード本音評価
  3. ≫ぺディグリー「それいけ!小型犬 成犬用」は本当に安心安全?本音で評価!

ぺディグリー「それいけ!小型犬 成犬用」は本当に安心安全?本音で評価!

ぺディグリーそれいけ小型犬成犬用ぺディグリー「それいけ!小型犬 成犬用」は2kg税込708円(Amazon)で購入できる激安ドッグフードで、原産国はタイ。ペットショップだけではなく、スーパーやドラッグストアなどでも見かける商品です。

1kg当たりたったの354円という価格は魅力的ではありますが、果たして安心安全なドッグフードなのでしょうか?本音で評価してみたいと思います。

原材料を本音評価

ぺディグリー「それいけ小型犬 成犬用(チキン)」の原材料は次の通り。

穀類(とうもろこし、小麦粉、米)、肉類(チキン等)、油脂類(パーム油、大豆油、ひまわり油)、植物性タンパク、タンパク加水分解物、シュガービートパルプ、キシロース、野菜類(にんじん、トマト)、ミルクパウダー、緑茶抽出物、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、リン)、アミノ酸類(グリシン、システイン、メチオニン)、着色料(赤102、青2、黄4、黄5)、保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(BHA、BHT)、pH調整剤

まず、ワンちゃんに最も必要な動物性たんぱく源(お肉)よりも、とうもろこしや小麦などの穀類の方が多く含まれています。これは激安ドッグフードの典型的なパターンですね。コストのかかるお肉を少なく、低コストでかさ増しできる穀物を多くして、小売価格を下げているわけです。

公式サイトではこの商品の4つの特徴の1つとして「消化吸収に良い素材」を挙げていますが、犬は穀物(穀類)の消化が苦手です。消化吸収に良い素材でできたドッグフードとは思えません。

また、動物性たんぱく源が「肉類(チキン等)」という曖昧な表記になっている点も気になります。チキン以外にどのような肉が使われているか全く分かりません…。

由来の分かる肉を使っているなら、普通は「チキン」「ラム肉」のように表記するもので「等」という言葉は使いません。人間は口にできない低品質な肉が使われている可能性が高いと言えますね(詳しくは安全なドッグフードの選び方参照)。

あとは合成添加物がてんこ盛りです。合成着色料の他、酸化防止剤には発がん性が指摘されているBHAとBHTが使われていますね。これを毎日食べ続けたワンちゃんは将来どうなってしまうのか、とても不安です…。

というわけで、私の本音評価は次の通り!

ぺディグリーそれいけ小型犬成犬用の評価残念ながら、ぺディグリー「それいけ!小型犬 成犬用」は安心安全なドッグフードとは言い難い商品です。1kg当たり、わずか354円(税込)と激安なことだけが唯一のメリットですね。有名なブランドですが、愛犬の健康を第一に考えるとオススメできません…。